バックミラーの保安基準について

オートバイのバックミラーの保安基準が変更になり、大きさの規定が追加されました。
純正ミラーより交換する場合は、下記の条件を全て満たす鏡面のバックミラーでないと保安基準に抵触します。
交換前にご確認下さい。

平成19年1月1日以降に製造された全ての車両、及び平成17年1月1日以降に型式を認定された全ての車両

1) 面積が69cm²以上あること。

図1

どんな形状でも
69㎠以上必要

2) 円形の物は、鏡面の大きさが直径94mm以上150mm以下であること。

図2

3) 円形以外(角形や楕円形など)の物は、鏡面の大きさが120×200mm(または200×120mm)未満で、直径78mmの円を隠すことができる。

図3

78mmの円が隠れないため

全幅が200mmを超えている

4) 鏡面の大きさ以外の規定(鏡面を映す範囲、取付条件など) ※一部抜粋

  • ミラーが車両の左右に取り付けられていること。(一部対象外)
  • 歩行者等に接触した場合に衝撃を緩衝できる構造であり、歩行者に傷害を与える恐れのないもの。
  • 反射面の中心が、かじ取装置の中心を通り進行方向に平行な鉛直面か280mm以上外側にあること。 など

平成18年12月31日以前に製造された車両で、型式の認定が平成16年12月31日以前の車両

1) 鏡面の規定はありません。

2) 鏡面の大きさ以外の規定(鏡面の映す範囲、取り付け条件など) ※一部抜粋

※昭和50年11月30日以前に製作された二輪自動車は取付条件等が異なります。
※原動機付自転車(125cc以下)の場合は車両の左外側線50mまでの間にある車両の通行状況を確認できれば上記規定に適応しないでもかまいません。

※保安基準についての記載は

詳しくは

をご覧ください

※保安基準については下記の点にご注意ください。

上記保安基準は、ミラーについての保安基準の全てを記載したものではありません。今回改正された部分を中心に少しでもわかりやすくまとめたもので、上記の条件を全て満たしても、必ずしも保安基準を満たすとは限りません。(ミラー形状や取付条件等も関係します。)
したがいまして、不具合(車検に通らなかった、取締りで捕まった等)が生じた場合でも、弊社として責任をとるものではありません。

上記保安基準をご利用する場合は、上記注意点をよくご理解の上お願いいたします。
なお同業者様、ならびに報道・雑誌社様などでのご利用はご遠慮ください。